作業服のプリントとは


作業服に名入れを入れるということは、社員の士気や社風を表すという意味でも非常に重要な意味を持ちます。一般企業の作業服において名入れをしていないというのは、少し風格が下がるといった意見もあるようです。では、どのようなプリントサービスを使って名入れをするべきなのでしょうか。

洗濯機まず、転写プリントですが、こちらは2つの方法があります。カッティング転写プリントは発色が良いプリントです。そのため、金や銀などの表現が可能な上に綺麗な仕上がりが期待できます。しかし、単純なデザインしか対応ができません。インクジェット転写プリントは、細かな表現でも対応が出来るため、色々なデザインを名入れすることが出来ます。しかし、金や銀などの表現が不可能なうえにデザインの周りにフチが出来てしまいます。大量に生産する予定があるのであればシルクプリントがオススメです。こちらは製版費用が初回にかかってしまいますが、たくさんするごとに割安になっていきます。洗濯にも強いため、作業服を長く頻繁に使う予定があるという企業にはうってつけだと言えるでしょう

作業服の名入れにプリントサービスを使う企業が増加傾向にあるようです。そのプリントサービスにはカッティング転写プリント、インクジェット転写プリント、シルクプリントがあります。そのどれもに長所があるので、是非ともその特徴を把握したうえでサービスを利用したいものです。作業服のプリントサービスに興味のある人に向けた記事ですので、役に立てれば幸いです。