シルクプリントとは


作業服女子もしも作業服にプリントするなら名入れをして大量に作りたいと思った場合、そのコストは馬鹿にならないものです。一回に少数のロットを生産するのであれば少しの額でも、チリツモ方式で積み重なっていくのがコストというものです。大量に作業服の名入れをしたい場合に向いているプリント方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

シルクプリントは版を生産して、そこにインクを刷り込むことで、まるで版画のようにプリントをするという手法です。こちらは大量生産に向いていて低コストで作成出来るというメリットがあります。また、一般的なプリント方法になるため、洗濯にも強いということも挙げられます。デメリットとして挙げられるのは、ほかのプリント方法にはかからな製版費用がかかるという店です。また、一定枚数以下では追加が出来ないという場合があるため、気を付けたいです。

大量に作業服の名入れをしたいときにオススメしたいシルクプリントは、プリントすればするほどコストが安くなるというメリットがあります。また、一般的なプリント方法であるため洗濯にも強いです。汚れ仕事が多い職場でも活躍することが期待されます。作業服の名入れにシルクプリントを取り入れている企業もあるようです。

転写プリントとは


作業員転写プリントは、その方法に応じて2つの種類があります。その2つにそれぞれ個性があるため、どのようなプリントを求めているかによって、長短があるようです。2つの転写プリントにはどのような違いがあり、どのような場合に向いているのでしょうか。

1つ目はカッティング転写プリントです。こちらは一枚のカラーカッティングシートを切り抜いて、熱によって圧着するプリントのことを指しています。発色が良く、版を作らなくてよいため、少数のプリントに向いています。しかし、色が基本色のみの対応となり、複雑なデザインや文字などはカットすることができません。

2つ目はインクジェット転写プリントです。こちらはインクジェットプリンターによって印刷した転写ラバーシートというもので熱圧着をするプリントです。こちらはフルカラーで印刷することが出来る上に細かな色や柄も表現することが可能です。しかし、細かな切り抜きをすることが出来ないため、デザインの周りに縁がつき、転写プリントでは可能な金や銀などの色が表現できないことがデメリットで挙げられます。

カッティングとインクジェットという2つの方法が転写プリントには存在します。どちらにも長所と短所があるため、自分の用途にあったものを選びましょう。つづいてはシルクプリントについて紹介していきます。

作業服のプリントとは


作業服に名入れを入れるということは、社員の士気や社風を表すという意味でも非常に重要な意味を持ちます。一般企業の作業服において名入れをしていないというのは、少し風格が下がるといった意見もあるようです。では、どのようなプリントサービスを使って名入れをするべきなのでしょうか。

洗濯機まず、転写プリントですが、こちらは2つの方法があります。カッティング転写プリントは発色が良いプリントです。そのため、金や銀などの表現が可能な上に綺麗な仕上がりが期待できます。しかし、単純なデザインしか対応ができません。インクジェット転写プリントは、細かな表現でも対応が出来るため、色々なデザインを名入れすることが出来ます。しかし、金や銀などの表現が不可能なうえにデザインの周りにフチが出来てしまいます。大量に生産する予定があるのであればシルクプリントがオススメです。こちらは製版費用が初回にかかってしまいますが、たくさんするごとに割安になっていきます。洗濯にも強いため、作業服を長く頻繁に使う予定があるという企業にはうってつけだと言えるでしょう

作業服の名入れにプリントサービスを使う企業が増加傾向にあるようです。そのプリントサービスにはカッティング転写プリント、インクジェット転写プリント、シルクプリントがあります。そのどれもに長所があるので、是非ともその特徴を把握したうえでサービスを利用したいものです。作業服のプリントサービスに興味のある人に向けた記事ですので、役に立てれば幸いです。